マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

【BLCD】男子迷路/鳥海浩輔・岸尾だいすけ 他 

男子迷路男子迷路
ドラマCD

インディペンデントレーベル 2010-12-22
売り上げランキング : 2496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~キャスト~
伴内要一(B):鳥海浩輔  大山のぶや(ドラ):岸尾だいすけ
大貫まさみ:安元洋貴  楚川達人:野島裕史
伴内肯一:鈴木達央  猿谷人志:梶裕貴
児玉中:羽多野渉  星野心:立花慎之介  大貫ようこ:松岡由貴

~ストーリー~
好きになってほしい、恋がしたい、えっちしたい!
凸凹カップル達が織り成す エロスとラブと男の純情❤

昼と夜、2つの顔を使い分け、気ままな日々を過ごす要一は、
突然姫顔の高校生に「弄ばれた」と詰め寄られ…!?
性悪バーテンダー、真面目塾講師、数学科トリオetc…
いつでも恋の迷路に右往左往、男子達のあらゆる想いが交差する、
ポップで純情な阿仁谷ユイジ流エロチカ❤ (帯より引用)


リブレ公式購入特典の描き下ろし漫画『伴内DNA』の話、面白かったです♪
知れないけど(知れないが)
喋る言葉がほぼ99%同じ。これは是非とも、要一@鳥さん・肯一@たっつんに喋って欲しい!
と思うようなワクワクする内容でした。そして何気に猿谷が攻に目覚めるという(笑)

さて、ドラマCD本編はというと、
オムニバス形式なので、それぞれのカップリングが短編で楽しめつつ
トラック3でサブキャラだったキャラクターが
トラック6ではメインキャラになって…という具合に展開していきます。
(以下、BLネタバレ感想です)
 ↓
 ↓
続き →

【全サ】阿仁谷ユイジ著『目をとじて3秒』描き下ろし折り本 


それはアイスキャンディーじゃないぞマナ(〃゚∇゚〃)
というわけで、阿仁谷ユイジ先生の『目をとじて3秒』描き下ろし折り本が到着。
ヒロトがチバを呼ぶ時の名が、幼稚園児の頃のように「マナ」に変わってる♪
 ↓
 ↓

続き →

目をとじて3秒/阿仁谷ユイジ 

目をとじて3秒 (ドラコミックス 231)目をとじて3秒 (ドラコミックス 231)

コアマガジン 2010-04-03
売り上げランキング :

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリー~
だいたいの感情は3つ数えれば抑えられる。
 でも、ヒロトを想う気持ちは抑えられない───。

小さい頃からずっと一緒だったチバとヒロト。
2人の関係は一生変わらないと思っていた・・・。
ところが、チバにはずっと心に閉じ込めていた思いがあり・・・?
青年達のもどかしい恋を描いた、珠玉のラブストーリー。
(コミックス裏表紙より引用)


コミックス『男子迷路』を読んで以降すっかり阿仁谷ワールドにどっぷりハマってしまったワタクシ。
この『目をとじて~』もとても良かった♪
幼馴染み・高校生という私好みの題材+独特な丸みを帯びた線画も妙に魅惑的でソソラれます。
また「この気持ちだけは、たとえ1000まで数えたって、抑えらんない、消せやしない」というチバの葛藤や
「目を閉じて深呼吸。たったの3秒でオレの気持ちは4年前に逆戻りする」というヒロトの感情が
この本のタイトルと掛かているので余計に胸をキューンとさせるものが。
(以下、ネタバレ感想です)
 ↓
 ↓
続き →

男子迷路/阿仁谷ユイジ 

男子迷路 (CITRON COMICS)男子迷路 (CITRON COMICS)

リブレ出版
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリー~
ちょい悪バーテンダー、鬼モテ・スタイリスト、遊び人の大学職員、真面目塾講師、
小悪魔高校生など…恋におちたあらゆる男子たちが、それぞれの恋愛事情で翻弄。
ポップでエロティックで純情で切ない…BLレボリューション阿仁谷ユイジが贈る
恋愛男子キャラクターリレー・オムニバス。(コミックス裏表紙より引用)


阿仁谷ユイジさんのコミックスは初購入。
以前ネッ友様から『刺青の男』をオススメしていただき(でもまだ読んでなくて;)
素敵な作品を描かれる方だろうとは思っており、今回ようやく阿仁谷ワールドを体感。

独特な絵柄はページを読み進めていくうちにどんどんとクセになり、
丸みを帯びた顔の表情は二次元なのにまるで3Dのような立体感。
私のお気に入り漫画家のお一人になりました。
(以下、BLネタバレ感想です)
 ↓
 ↓
続き →




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND