マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

幕末機関説 いろはにほへと #25 「五稜郭浮上す」 


(o-´ω`-)ふむふむ、そういうことだったのですね・・・
 ↓
 ↓

高麗の里で集められた孤児の中に永遠の刺客となるべく耀次郎がいて、
この孤児の中に白い月涙刀の持ち主に選ばれし赫乃丈も実はいた・・・
というわけで同じ里で育った二人だったのですね。
「歩みを止めることなかれ!同志よ!我らが共和国と共に!」
今ではすっかりジャンヌダルクになり統制を謀っていますが・・・(´ヘ`;)


前回、土方を討った左京之介は今回、耀次郎との決着でしたが
闘いながら母親や赫乃丈の幻想妄想がチラリんチラリん。

互いに相打ちとなって海に落ちましたが、
それでも左京之介はとにかく赫乃丈の側まで帰ってきて
最期は笑みを浮かべる母親の幻を見ながら・・・さようなら。。。
ある意味慈愛に包まれながら逝くことができたように思えます。


おじゃる~おじゃる~な方達の登場で五稜郭打ち上げ開始!?
天変地異まで容易に起こせるとは、もう何でもアリ状態^^;
「500年の悲願!
 美しき愛すべき国家として再生するがため今こそ!」

でもだからって琴波太夫の命を狙わなくても・・・
「許して・・・蒼様を・・・」
それでも琴波太夫は蒼鉄先生が好きだったのですね。。。


最終回直前で主要キャラ2名亡くなってしまいました(_ _|||)
次回もイヤな予感ぷんぷん漂ってますが、
耀次郎・赫乃丈・蒼鉄・覇者の首は
果たしてどういった結末を迎えるのでしょう。
関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND