マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

スタミュ 高校星歌劇 #12(最終話)「第12幕」 

『スタミュ』ミュージカルソングシリーズ (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 200円クーポン)

「俺たちは夢を諦める方法なんて知らない」
────
ということで最終話はお披露目公演を成功させて一区切りといった所で終わり、
彼らの夢へ向かってステップアップしていく戦いはこれからも続くエンドでしたね。

しかし野外特設ステージが壊れる程かなり強烈な嵐の中、
来場するお客さんも危険でござる。というか電車動いてなさそう。
お金持ちの学校っぽいので来場者は車とかリムジンで来るのかしら。




「俺たちに幕を開けさせてください」
──試験のためにステージに立ちたい訳ではないから──
チーム鳳の熱い想いに動かされてゲリラ公演の助っ人をしてくれる
モブ男子生徒達がみんなイイ子達だー。
そしてミュージカルの喜びを鳳先輩から再認識させられた楪先輩達が策士の如く
チーム鳳の味方になってくれてるのがGJですね。


「ええい、面倒くせえ挨拶は抜きだ!」からの
【星瞬countdown】で迅速変身お疲れ様です天花寺くん\(^o^)/

歌のパートは最終話ということもあってか5人が動きまくりで
作画スタッフさん大変だっただろうなーと感心しながら観ておりました。


「未来は分からない」
「奴らの未来も、俺たちの未来もね」
「たまには君と遊ぶのも悪くない」
相 合 傘 で 仲 直 り (*´▽`*)
この間、兄弟デュエットを歌って永遠の別れ・・・みたいな
別れ方してたのに、あっさり仲直りしてて意表を突かれました。
これは逆境にも負けない星谷くん達の行動に触発された柊さんが
「俺たち兄弟もきっと歩み寄れるのかもしれない」
感じてくれたからなのかもしれません。


「ギブ!ギブだ!」=「鳳くん&チーム鳳には参った」という意味でOKですか暁さん( *´艸`)
体裁の悪そうな暁さんにジャレて空気を和ませた鳳さんは心が広いわん。
暁さんはお参りでしっかり邪心を祓って貰ってきてくださいませ。
そういえば暁先輩がしきりに華桜会に逆らうと罰則与えるぞ~と
星谷くん達を脅してましたが、
楪先輩達もゲリラ公演に加担した形になったので
星谷くんらのお咎めはナシですねきっと♪


「また来年」
こ れ は 来 年 2 期 や る か も 的 な ?!
キャラクターが多いために深く掘り下げられてない部分も多々あり、
鳳柊兄弟についてもまだまだ語り尽くされていない感があり、
一般枠になった星谷くん達を今後鳳先輩が面倒をみてくれるのか否か、
などなど色々気になります。
何より・・・
憧れの人=鳳先輩であることを星谷くん自身が知る瞬間はいつ来る?!
視聴者も鳳先輩本人も分かっている事なのに主人公だけが知らない状況は
焦らしプレイ(笑)なので、星谷くんがこれに気付く瞬間に立ちあいたいものです。


**********

◆総括
最近の乙女向け作品あるある、それは素敵男性キャスト盛り沢山。
この作品も漏れず、若手から中堅の男性キャスト陣が多く、それだけで放送前からテンションがあがっておりました。
ただ登場人物が多いということは、役名を覚えるまでが一苦労で、赤い髪のキャラがほそやんで~いつもヘルメット磨いてるキャラがまえぬで~…といった具合に、最初の頃は役名ではなく、声優名でキャラを覚えていくのも新アニメの醍醐味なのかもしれません(笑)

今期はミュージカルアニメというジャンルでは『ダンデビ』とブッキングし、どのように差別化がなされるのかと思っていましたが、ダンデビが乙女ゲーならばこちらはヒロイン不在の青春アニメで、未熟な男子主人公たちが苦難を乗り越えて成長していく姿を微笑ましく楽しむ事ができました。
先輩組のほうでは、鳳さんと柊さんの兄弟萌えを堪能。
暁先輩は悪役とまでは言いませんがお邪魔虫ポジションで主人公たちを成長させるスパイスになってくれましたが、楪先輩と漣先輩はそれほど大きな活躍を見せることなく終わってしまったのは不憫というか残念な所。
もう1話分くらい放送枠の余裕があれば、このお二人の先輩の見せどころもあったのかな。

『マージナルプリンス~月桂樹の王子達』で耐性が出来ていたためでしょうか、突如歌いだすシーンにも違和感なく(?笑)見守ることができました。
歌って踊る、ということで作画枚数も大変多かった事と思いますが最終話までスタッフ様本当にお疲れ様でございました。

(C)ひなた凛/スタミュ製作委員会

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 


twitter_dmm_header2_kirishima.jpg twitter_dmm_header2_tsuji.jpg twitter_dmm_header2_fuwa.jpg twitter_dmm_header2_date.jpg twitter_dmm_header2_kanzaki.jpg
RECOMMEND
BL☆RECOMMEND