マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

山田くんと7人の魔女 #12(最終話)「俺は白石が好きだ!」 

『山田くんと7人の魔女』 Vol.1 [Blu-ray]

「記憶は消せても気持ちは消せない」
あああ生徒会長がしおらしくなってるー!
これは意外な展開。
悪役だけど実はもともとは良い人だったというパターンですね。




「いつかまた出逢えたらいいな」
宮村姉と生徒会長が元超研部だったのかーい。という驚きと共に
記憶のない生徒会長に切なそうに微笑むレオナさんを見るのが辛くて
私の涙腺緩みまくり。・゚(゜´Д`゜)゚・。


「遅くなってごめんな」
ナチュラルに抱き寄せられるなんて山田よ、
なんてスマートな男じゃありませんか
中身うららちゃんではありますが外見が美琴さんなので多少の違和感はありますが。


会長「この僕を呼びつけるなんて君も随分偉くなっtうわああ!」
レオナ「お前こそ随分偉そうだな」
リカ「レオナちゃん、春ちゃんを苛めちゃダメ~!」
会長がレオナにタジタジ(笑)
玉木くんは元魔女に能力をリターンできたり、
山田たちが西園寺リカちゃんを説得したのが理科室(ダジャレ?笑)だったり、
流石の美琴さんも4人がかりで攻撃されたら勝ち目がなかったり、
・・・などなど最終回も情報詰めこまれましたが
なんだかんだで、ほぼ大団円で終える事ができて何より。
しかしお祝いパーティに美琴さんだけ招待されてない。
以前なぜ自分の魔女の能力を手放したのか、
西園寺さんの存在をしりつつなぜ記憶を消されなかったのか(生徒会長の側近の特権?)
6人の魔女は山田によって救われましたが、美琴さんのみ救われず
彼女に関しては謎のまま終わってしまった。。。残念。


「キスしてもいい?」
山田からの告白にOKした直後に
魔女の能力が本当になくなったのか試したい・・と言いながらも
いざキスしようとしたら恥ずかしくなってしまうなんて
うららちゃん今更それ気付いたの遅いから~(*´▽`*)ウフフ


「キスしたかっただけなんじゃねえの?」
「・・・うん
最 後 の 最 後 で デ レ 頂 き ま し た ー !
そうそう、ヒロインのこういう表情がずーっと見たかったので
最終回で見ることができて良かったです。
しかし窓際からそんな二人の様子を見守っていた寧々さんには辛い所ですが
ここは潮くんに何とかしてもらわねばー♪



◆総括
CV逢坂くんのヤンチャ系絶叫ボイスと、そして放送前のCM番宣で見たドタバタラブコメ、という私好みのドッキングに放送前から期待しておりました。
いざ放送が始まってみて、魔女要素はどこ?魔女のような小悪魔女子のこと?・・と最初の数話は感じましたが、次第に魔女の存在が明らかになってようやく作品タイトルの意味も納得です。
1話限りのキャラクターに、お杉、小野ピン、界人くん、壮馬くんなどの起用に、勿体ないというか贅沢というか耳が幸せにさせてもらいました。
ただ尺が足りないためか、一人一人の魔女の個性を掘り下げられずに駆け足で物語が進んでしまったのは少し残念な所。
1.5クール分の内容を1クールに詰め込んだ印象を受け、多少の説明不足感も感じつつも、それもある意味、間延びせずに急テンポで軽快に進んで私は見易かったです。
しかし最終回まで見終えて未だに謎なのは、山田ばかりがドキドキしていて、魔女や伊藤さんが皆キスに躊躇しない事が摩訶不思議!
やはり当初予想していた通り、魔女=小悪魔女子という意味も含まれてると勝手に思っております(笑)
そんなアニメの続きの話を含め、色々な細かい設定やカットした部分、美琴さんの謎も気になりますので、いつか原作を読んでみようと思います。

(C)吉河美希・講談社/2014「やまじょ」製作委員会


関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND