マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49- #12「ハロー世界」 


「アイドルってなんなんでしょうね」
少年ハリウッドが生き続けるために──




カケルとマッキー、しれっとハリウッド東京に戻ってる!?
年下3人組はレッスンをサボった2人に対して怒ってもイイと感じますが
苦言はするものの怒らない年下組の精神はある意味大人で前向き。
恐らくサボりの年上組2人は練習前にテッシーに注意はされただろうとは想像しつつ
マッキーの場合は自主的に広告チラシを作成配布してたから
サボりというには少し可哀想ではあります。
年下組の精神が大人だとは感じるものの、ライブの衣装を目の前にして
モチベーションが上がる姿はやはり年相応に純粋な反応ですね。

「俺の輝きを無視できなかったんだよ、な?でもお前爪痛えな」
「味わいてえー!その痛さ味わいてえー!」
マッキーの期待を裏切るキャットがナイス(笑)
溜めの演出で、いかにもマッキーのもとに飛んでくるよう期待をさせておいて裏切る、
キャットよ、なかなか盛り上げ上手なマスコットでグッジョブ。
しかもキャットのcvもケンショーくんですものね、
シュンシュンの肩に着陸でWケンショーvoice祭りです(*´∀`)
こんな風にマッキーやシュンシュンたちのわだかまりを緩和してくれるキャットの存在も
ハリウッド東京にかけがえのない少ハリの一員だと感じる。


対してカケルは一人でウジウジ中。
ウジウジというよりは仲間とワイワイ出来るまでまだ気持ちが回復しておらず
先日チラシ配りしてたマッキーを無視した事を謝ったり・・・はしていなさそうですが
本人に字の汚さを言いつつ、しかしそれはチラシ配りの努力は認めている事だと思う。
それを察してなのかマッキーの微笑むような溜息のような複雑な表情がとても印象的。
踊りが下手という引け目があるからチラシ配りで少しはみんなの役に立とうと思ったけれど
チラシ配りが上手くいっていない所を見られちゃってたんだな…みたいな。
こういう顔を見せられるとこの子が元ヤンだったとはとても思えず
本当に素直で実直でアホ可愛いイイ子で好感が持てる。


踊り下手なマッキーをカケルが庇っており
確かに振り付けが苦手というマッキーは今の現状が精一杯なわけで
不出来ながらもそれが今のマッキーの100%。
ここから少しずつ成長して上達していき、
その過程をファンが見守れるのも一興なのかもしれません。


「アイドルって永遠に完成しない物語のような気がしてるんです」
初代ファンから新生組への痛烈なクレームの中に
「少年ハリウッドという名前にすべきではない」といったような苦情がありましたが、
少年ハリウッドというアイドルを永遠にしたい、それがシャチョウの想いなのですものね。


息を合わせる練習『すーはーマスター』のシーンで分かったことは
5人の中ではマッキーが面白ろ担当ですが、年下組の中ではシュンシュンがそれに該当(笑)
キラは芸能界を知る現実的ゆえに冷静毒舌担当でシビアな面がメンバーをシャキッとさせてくれ、
またトミーは優しさで中和する担当があり、場の雰囲気を明るくしてくれる貴重な存在として
メンバーそれぞれ役割がある個性が面白い。


『ハロー世界』の歌い終わりの振り付けが5人バラバラでスロー再生で観ると特に分かる。
振り付けに完成度を求めるストイックな年下組、特にキラが
踊り下手なことを謝るマッキーをフォローしていたのには驚いた。
すーはーマスターのおかげでしょうか(笑)
簡単な振り付けに変更したものの、全員が消化不良な表情をしていたのは
やはり変更前の難しい振り付けが揃えられなかった悔しい気持ちがあったからで、
だからこそカケルの提案に否定的になりつつ
「少年ハリウッドは俺らのために存在するんじゃない」
「未来のファンのため・・・?」
「ここに沢山のサイリウムが灯って」
「キラキラ瞳が輝いて」
「沢山の歓声が聞こえて」
5人の想いが一つになった瞬間。
リスクの高い振り付けを全員一致で選んで踊ってピッタリ息が合って
「・・・・・・・・・・・・揃った」
思 わ ず 感 動 。゜(゜´Д`゜)゜。ブワッ
踊り終わった直後の5人の「はあはあ」という息遣い、からの
カケルの「揃った」という台詞に胸がジーンとさせられた。
くうう、カケルめ、カッコイイ所を持っていってくれるじゃありませんか


『ハロー世界』の2番から(エンドロールの部分から)はCD音源でしたが
それ以外はアフレコ現場でキャストが歌ってる感じで
振り付けしながらの息切れの生歌感がとても良く出ていて素敵でした。
『ハロー世界』のCDを購入しましたが歌詞カードにパート分けが記載されていなかったので
今回パート分け表を見る事ができたのも嬉しい所です。

次回『第13話(最終話):僕たちは、永遠に生まれなおせる』
(C)ノエルジャパンエージェンシー

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 


twitter_dmm_header2_kirishima.jpg twitter_dmm_header2_tsuji.jpg twitter_dmm_header2_fuwa.jpg twitter_dmm_header2_date.jpg twitter_dmm_header2_kanzaki.jpg
RECOMMEND
BL☆RECOMMEND