マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

黒執事 Book of Circus #8「その執事、嘲笑」 


「A~HAHAHAHA!
 待ってて愛しのセバスちゃーん♪」

あくまで死神DEATH★おかえりなさい。




「アヒャヒャヒャヒャ!!!!!
 謹慎中は掃除やら雑用ばっかりやらされて
 どんだけこの日を待ったと思ってるのォ★」

やはり黒執事にこのキャラは欠かせません(笑)
グレルは原作サーカス編で全く登場していませんでしたので
アニメで登場させたのは視聴者へのファンサービスですね。
グレルはファンからもスタッフからも愛されてるー!


「初めましてケルヴィン男爵。シエルです」
シ ョ タ 真 綾 ボ イ ス K A W A I I 
そして亡きシエル父ヴィンセントその泣きボクロがイケメン度をより上げる
そんなヴィンセントとセバスの容姿が似ているのは、
セバスは悪魔だから顔など簡単に変えられる訳で
だからシエルの要望で父ヴィンセントと同じ顔にしたのかもしれない。
そんな端正で優しい顔立ちのヴィンセントですが、しかし、
「話しかけてきたって事はそうなんじゃない?多分」
「向こうは俺のこと知っていても俺はあの人を知らない」的なことを
あえてケルヴィンに聞える様に話しているんだとすると、なかなか相当な黒キャラでいらっしゃる。
『悪の貴族』おそるべし。


「なんて羨ましい。
 冷たい月に看取られて逝く美しい最期。
 お願いだよ、僕も仲間に入れてくれ!」

シエルと釣り合うために整形を繰り返したり
シエルに殺されるために3年前の儀式を再現したり
ケルヴィンは容姿云々ではなくてこういう思考そのものが醜い。
だからこそ容姿などの上辺だけに囚われるケルヴィンに
ヴィンセントが興味を持たなかったのかもしれない。

「そんな人でも俺らの恩人なんだ」
腕を切断されたジョーカーがシエルに懇願するシーンに思わず涙腺が緩む。
他人の屍の上に成り立つ生、それに葛藤しながらそれでも罪を重ねていく辛さに
思わず同情してしまいそうになる。
と同時に、貧困当時の説明をするジョーカーの台詞が
尺の関係かな少し早口になっていたのが気になった所。


「屋敷の汚れは家女中(ワタシ)が払う!!」
だ、誰!?このキリッとしたメイドさん?!
・・・と新キャラかと勘違いしてしまいそうな程
方言もなくシャキシャキ喋ってキリっとしたメイリンが恰好良い。
もしかして裸眼だと視力良すぎるから普段は牛乳ビン眼鏡!?
ファントムハイヴ家使用人は普段セバスに迷惑かけてばかりの印象なのに
実は凄い逸材だったとか・・なんというギャップ。
ギャップと言えば、
「私はあくまで執事ですから」
「ええええ!?」
セバスをも戸惑わせる執事田中さん実は何者ぞヽ(・∀・)ノ
ただの執事ではないとは思ってましたがますます謎が深まります(笑)

「困ります~~~
 僕怒られちゃうじゃないですかぁ」

強烈グーパンチ&壁登りで侵入者のサーカス団員を退治するフィニは可愛い顔して
獲物を逃さんとばかりに瞳孔まっ開き。
そのパワーの秘密、そして監禁、モルモット時代などなどフィニにも壮絶な過去がありそうで
今後フィニをフィーチャーしたお話も見てみたい。

次回『第9話:その執事、従容』
(C)枢やな/スクウェアエニックス・黒執事Project・MBS

関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND