マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

ハチミツとクローバーⅡ #12 [最終回] 「…時が過ぎて、何もかもが思い出になる日はきっと来る」 

野島健児さんがどのように竹本を演じるのか
期待と不安を持ちながら迎えた最終回です。


(やはり・・・)
 ↓
 ↓

冒頭のモノローグで違和感を感じつつ、
後半Bパートでの話言葉のセリフになって
何とか私の耳にも馴染んできました。


はぐが竹本の見送りに来るあたりからは鳥肌立ちまくりでした。
hachikuro.12.jpg hachikuro.12-2.jpg

ハチミツと四つ葉のクローバーによるサンドイッチを
食べながら泣くシーンは胸が締め付けられてしまった。。。


森田・真山・花本先生・山田さんと過ごした日々・・・
hachikuro.12-3.jpg hachikuro.12-4.jpg

hachikuro.12-5.jpg hachikuro.12-6.jpg



そしてはぐを好きになったこと・・・
hachikuro.12-7.jpg hachikuro.12-8.jpg

それは竹本の人生の大きな糧となることでしょう。


しかしながら、最終回は駆け足で
無理やり30分の枠に入れ終了させてしまったカンジが否めません。
そして(ノジケンさんは好きなのですが)
竹本@神谷浩史さんによる声で
最後は締め括ってほしかったなとも感じました。


ともあれ全体的には、
きゅぅんとした切なく甘酸っぱい青春ストーリーを
堪能することができたアニメでした。
(原作コミック最終巻の感想記事はコチラ→ハチミツとクローバー #10
関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND