マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

いなり、こんこん、恋いろは。 #7「おとめ、ときめく、あかね色。」 

いなり、こんこん、恋いろは。 第2巻 [Blu-ray]

「お前の女らしいところなんて
 乳くらいやろうがー!揉んだろかー!」

中二病でデリカシーないからモテないんです燈日お兄ちゃん。゚( ゚^∀^゚)゚。
うか様の放漫なお胸を鷲掴みしてしまうのかと思ってワクワクしてしまった。




演劇【童話の❤プリンス「様」】でKISSシーン
文化祭でのクラスの出し物なのでCHUのフリだけ…ということは
丹波橋王子といなり姫が本当にCHUしちゃうフラグ!?
しかしこの配役、墨染さんや丸ちゃんがくじ箱に細工したのかと思っていたら
なるほど、いなり本人の無自覚な神通力が導いた結果だったのですね。
確かに不正によって希望を叶えても心がモヤモヤして嬉しくないだろうなー。
だからといって途中で姫役を降りてしまうのは勿体なく
本当にCHUしちゃうフラグ(笑)も見事にへし折られて残念(´ω`。)
私ならこの神通力で宝くじを当て()

「見合いでも何でもすればいいやんけ!」
後悔するぞゴ━━━━(`ε´♯)━━━━ルァ!!
うか様も燈日も互いに意識し始める→今回の喧嘩→次回以降に、
お見合いの席で燈日がうか様をさらいに来る展開デスヨネ!?(勝手な妄想)


「なんや、伏見さん彼氏いいひんやったんや…ほっ。
 ん?…あれ?…ほっ?
 そっか、僕は、伏見さんのことが好きなんや」

ト シ 様 の 役 割 = 当 て 馬 (笑)
いなりとトシ様のジャレ合いがイイ起爆剤となって丹波橋の心を動かしてくれましたね。
トシ様グッジョブ(´∀`)
他クラスの桃山さんに告白されてタジタジする丹波橋くんのデレ顔もグッジョブ
もしかして同クラ大道具の女子も丹波橋くん狙いだったりするのかしらん。


「どうしました?顔色が悪いですね?」
今日もシシロロが二次元男子に化けてくれていて私の耳が幸せです♪
そして高天原の うかさま部屋のガラクタもとい
乙女グッズを燃やしてしまうなら私に譲って下さいご母堂様ー!

次回『第8話:出雲、お見合い、大騒ぎ。』
(C)2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 


いなり、こんこん、恋いろは。 第7話「おとめ、ときめく、あかね色。」
いなりちゃんとうか様、ここに来てお互い気を使ったことが裏目に出まくり。 なんで悪いほうへ転ぶタイミングばかり絶妙なんだか^^; うすうす匂わせてましたが、神通力で得られるのは変身能力だけじゃなかったと。 無意識に発動してしまうのが痛いですね。 いなりちゃん可愛くてよい子なんだけど、凹みモードの時は厄介。 ラブレターのくだりはいただけませんでしたね。 桃山さんと後々もめそう...
■いなり、こんこん、恋いろは。 第7話「おとめ、ときめく、あかね色。」
 他のことならともかく、男関係で神通力を使うのは、さすがにずるい!って思いますよね。  男関係っていうと生々しいけれど、いわゆる恋では。  夢中になっちゃうのな
いなり、こんこん、恋いろは。 TokyoMX(2/26)#07
第7話 おとめ、ときめく、あかね色 公式サイトからあっという間に夏休みは過ぎ去り、迎えた2学期。いなりは早くも浮かれていた。それもそのはず、文化祭で披露する演劇で、王子を丹波橋が、その相手役である姫をいなりが演じることに決まったのだ。気合いを入れて劇の練習に取り組むいなり。――一方うかは、いつにもまして強くお見合いを勧める母からの手紙に思い悩む。なんと、見合いをしなければ、うかの大事な「オタ...
いなり、こんこん、恋いろは。 7話「おとめ、ときめく、あかね色。」
評価 ★★★★ 真面目やなぁ
いなり、こんこん、恋いろは。 第7話「おとめ、ときめく、あかね色」
いなりとウカ様、それぞれの恋模様? すれ違い勘違いと、なかなかうまくいかないですねw あっという間に夏休みは過ぎ去り、迎えた2学期。 いなりは早くも浮かれていた。 それもそのはず、文化祭で披露する演劇で、王子を丹波橋が、 その相手役である姫をいなりが演じることに決まったのだ。 気合いを入れて劇の練習に取り組むいなり。―― 一方うかは、いつにもまして強くお見合いを勧め...
twitter_dmm_header2_kirishima.jpg twitter_dmm_header2_tsuji.jpg twitter_dmm_header2_fuwa.jpg twitter_dmm_header2_date.jpg twitter_dmm_header2_kanzaki.jpg
RECOMMEND
BL☆RECOMMEND