マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

幻月楼奇譚 第4巻/今市子 

幻月楼奇譚 (4) (キャラコミックス)幻月楼奇譚 (4) (キャラコミックス)
今 市子

徳間書店 2013-09-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリー~
道楽者の若旦那と怪談好きな幇間が出逢う、事件と恋。
老舗味噌屋の若旦那・鶴来升一郎は、
名だたる道楽息子で器用貧乏の変わり者。
そんな彼のご贔屓は、物の怪が見える曲者の幇間・与三郎。
細く長く続くふたりの仲は、吉原の料亭「幻月楼」でも評判で…!?
今宵も与三郎の膝の上、若旦那が見るのは、夢とうつつが綾なす
摩訶不思議な物語──大人気シリーズ第4弾!!
(コミックス帯および裏表紙より引用)


「どのみち鶴来屋に俺の居場所は無いだろうな」
「そりゃお可哀そうに……」
と若旦那と与三郎がCHUしようと折角いいムードになっていると
直後必ず邪魔が入るパターン多々な一冊。゚( ゚^∀^゚)゚。
第4巻では与三郎の兄の友人で銀行屋の富永がお邪魔虫となり
ことごとく若旦那と与三郎の仲を引き剥がそうとしますが、
どこか憎めないキャラクターです。
いえ、でも二人のラブラブがお預けになるので多少はニクイかも(笑)
(以下、BLネタバレ感想です)




今回は、元華族の屋敷に埋められた亡霊の怪談、
見知らぬ女がネガキャン発言して場の空気を汚す泣き女の噂、
幽霊が掛け軸から抜け出した怪談、などなど4話分が収録。

脱衣虎拳でやたら刺青師が与三郎の服を脱がせたそうにしている所へ
背広ジャケットを渡して与三郎を助けてくれる若旦那が颯爽恰好良い。
・・・と思いましたが、よくよく考えたら
単なる若旦那のジェラシー!?(*´∀`)
好きな男の裸は他の人には見せたくないものですものね。

その後、与三郎は刺青師のもとを訪れてしまい
ナメクジの彫りを入れるため3日間も与三郎が監禁される!?
刺青師のもとで飄々としている与三郎に若旦那ご立腹で
「与三郎…脱げ」
そ り ゃ そ う だ 。
身包み剥がされて潔白が証明されはしましたが(笑)

「若旦那あああ!
 よりによってナメクジ~~~
 (ごしごしごし)
 あっとれた!!これ下描き!?」

刺青師の罠にかかって背中にナメクジの刺青を彫られそうになった若旦那を
心配する与三郎の焦りと涙が大変結構結構♪

「服が汚れますよ若旦那」
「じゃあ俺も脱ごう」
与三郎の家で若旦那と親密な関係になりそうな所へ
お 邪 魔 虫 な 富 永 氏 乱 入 ヽ(・∀・)ノ

「…いいんだな?」
「若旦那さん人生変わっちまうかもしれませんよ」
別の日には行燈部屋でいよいよ体が結ばれ・・・るかと期待しましたが
案の定、邪魔が入って(この時は富永氏ではなかった・笑)オジャン。
この日は与三郎のほうから誘ってきてくれたというのに
なんて不運な若旦那。゚( ゚^∀^゚)゚。

弟のような与三郎を兄弟愛として溺愛している(notホモ)富永は
与三郎と若旦那と別れさせようとしてはいるものの、
なんだかんだで若旦那と協力体制で事件を解決に導いていたり
はたまた若旦那が暴漢に襲われた際には助けてくれたり
基本的にはイイ人なので憎めないキャラ。
また富永のことを迷惑がっていた与三郎も若旦那のピンチを救った富永に
深々と頭をさげて感謝を表したこの行為を見ると
若旦那に対する与三郎の愛が窺えた。

ほか、与三郎に殺人疑惑だったり
与三郎の弟子(仮)である小猿がこの世のものでないモノが見えたり
従弟の太郎夫婦に子供が出来たことで鶴来屋の跡取り問題が勃発したり。
そんな中、幻月楼の亡き隠居が若旦那に
「あんまりひんぱんに来てはいけませんよ」
幻月楼の現女将が与三郎に
「あんまりつれなくしたら本当に逃げられてしまいますよ」
それぞれアドバイス。
そして与三郎曰く
「男ってのは狩りが好きな生き物なんだ。
 手に入ってしまえばすぐに飽きる。
 でも手に入れるのに時間も手間もかかればかかるほど
 長く獲物を大事にするのさ。
 やれそうでやれないのがいいんだよ」

急激に熱く燃え上がるのではなく
細く長く若旦那の心を繋ぎとめておきたい心持ち。
・・・単に焦らして金ヅルにしてるだけではなく(笑)
与三郎からすると若旦那と繋がることで
自分と同じような霊感が強くなってしまうのを恐れているだろうし
だから亡きご隠居もあまり行燈部屋に来ないよう促したのかもしれない。
ただ、読者からするとまだ二人が結ばれない事に悶々で
若旦那と同じ気持ちで私も焦らしプレイを強いられながら
次の5巻を期待したいと思います。

Chara Selection (キャラ セレクション) 2014年 01月号 [雑誌] 花音 2013年 12月号 [雑誌] drap (ドラ) 2014年 01月号 花恋 (カレン) 2014年 01月号 [雑誌]

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 


twitter_dmm_header2_kirishima.jpg twitter_dmm_header2_tsuji.jpg twitter_dmm_header2_fuwa.jpg twitter_dmm_header2_date.jpg twitter_dmm_header2_kanzaki.jpg
RECOMMEND
BL☆RECOMMEND