マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

マダム・プティ 第2巻/高尾滋 

マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)マダム・プティ 2 (花とゆめCOMICS)
高尾滋

白泉社 2013-05-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリー~
オリエント急行で旅の途中、万里子の夫・俊は
死を装い別の女性とかけおちしてしまう!
傷心の中、パリに降り立った万里子は、
俊の荷物に残された指輪を俊の姉に届けようとするが、
謎の少女(パリジェンヌ)・ジャンヌに盗まれてしまう…。
さらに彼女を追跡中、誤って警察に捕らわれて!?
(コミックスカバー裏そでより引用)


(C)Shigeru Takao 2013

「君に私の言葉が届かないからだ。
 君の心は私で動かない。
 それが知りたい」

俺様青年ニーラム、全く靡かない万里子に夢中(*´∀`)
俊を失って落ち込む万里子をあの手この手で慰めているにも関わらず
マダムたちから慰めにしか笑顔を見せてくれず
悶々するニーラムが万里子にますます惹かれていく様子がとても微笑ましい。
背後から抱擁したり、
寝ている万里子の寝巻の裾から出ている足を触ったり
ナチュラルにスキンシップが多いのもニヤニヤpoint。

次第にニーラムに癒されて大団円に向かっていくと予想していた2巻ですが
帯にもあるように・・・万里子が警察に拘束されてしまう!?
(以下、ネタバレ感想です)



「マ!リ!コ! つまらんぞ!」
万里子を励まそうと高価な装飾で部屋を彩って気持ちを浮上させようと試みるも
全く万里子の心は晴れることなく。
沈んだ心をお金でどうにか出来るものではないのですぞニーラム。
しかしこの列車に従者を何人に引き連れていたり、宝石を惜しみなく使ったり、
ふんぞり返って座るニーラムの姿を見ると・・・
もしかして貴公子!?
ニーラムはインドの王子さまっ!?

プリンスゆえに常人な性格ではなく
だから1巻で「私がキスしてやったのになぜ怒る?」と言ったり
俺様に惚れない女性などいないだろう的な態度なのも納得できる。

「休暇(いきぬき)はそろそろ終わりです。
 あなたがこの国にいる理由をお忘れなく」

パリに到着後、共に同行していたエドワードがニーラムにいきなり敬語で話したり
まるで大人が子供にお使いを頼むような言い回しでエドワードがニーラムに買い物を頼む様子など
ニーラムが重鎮である事、世間知らずな事を示しているのが分かります。

いざパリでは、俊が残した指輪が盗まれる事件発生。
既に指輪は売られた後で、その指輪を買ったアメリカ人画家兼資産家から
提示された譲渡の条件は
「ベッド一回かな」
このウォーレン・ネスという青年、
ロクデモナイ男かつ非常にオダテに弱い(笑)


スリをした張本人パリジェンヌのジャンヌは
万里子と何だかんだで行動を共にするようになっていくことで
万里子の笑顔に惹かれていくようになって。
そして万里子の消息を追っていたニーラムと再会し・・・
ジャンヌ「アハハ!二人は恋人?」
万里子「違うわよっ
ニーラム「いずれそうなるな」
万里子を膝抱っこする上半身マッパなニーラム、痩せてそうに思えて
実は脱いだら凄いんです的な肉体美でいらっしゃる

指輪を取り返すために必要な20万フラン(現在の日本円で1億円)をニーラムが肩代わりする案や
詐欺まがいでウォーレンから指輪を奪還しようとするニーラムの策略にも同意できない中、
ウォーレンがその指輪を20フランで盗人から買った事が判明し
怒り心頭な万里子はニーラムの策略案に乗ることとなり・・・
ウォーレンに一泡吹かせよう大作戦スタート。
ジャンヌに一目惚れしたウォーレンの心をどう操作し、指輪を取り返す算段なのか
3巻ではニーラムの恰好良さがますます増しそうな予感大で楽しみです(*´∀`)


別冊 花とゆめ 2013年 10月号 [雑誌] Melody (メロディ) 2013年 10月号 [雑誌] 月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 10月号 [雑誌] 姉系Petit Comic (プチコミック) 13号 2013年 10月号 [雑誌]

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する





tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND