マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

八犬伝-東方八犬異聞- #13(最終話)「宿縁」 


「出逢ったのは偶然なんかじゃないんだよ」
信乃と荘介と影。



「あの時、信乃が言ったんだ。
 俺たちはきっと生まれ変わる前、兄弟だったと」

幼い頃の信乃との大事な想い出の記憶を持つ『影』。
荘介と『影』はそもそも一人の人間であったが
荘介は肉体を保持して記憶を欠落した身で、『影』は記憶を保持して肉体を欠落した身。
二つの人格が分裂してしまったということなのでしょう。


「ちゃんと覚えています。
 信乃が俺のことを兄弟だと云ってくれたこと」

大事な想い出が荘介に残っていたことに信乃が安堵して号泣するこのシーンに私もウルっ。
全ての記憶を『影』に持っていかれたのかと思っていたので
荘介にも信乃との大事な記憶が残っていてくれて本当に良かった。
もし仮にこの時の記憶が荘介になかったとしたら
信乃の中で荘介よりも『影』の存在が大きくなっていたかもしれない。
ただひとつ気になったのはこの時、『影』が意味深に屋根の上からこの光景を見ていた事と、
そして原作上で…『影』が使っていたのは【言】、これに対して荘介が使った漢字は【云】、
同じ言葉ではあるもののあえて漢字を変えた
意味合いがあるように思えてならない。


教会本部の老賢人、フェネガン枢機卿、その妹の守護天使リリス様など新キャラ続々登場でしたが
特にフェネガンはCVほーちゅーちゃー(祥兄風に言ってみた・笑)というキャスティングですもの、胡散臭くないキャラのはずがありません。

「暗黒時代をもたらした玉梓を倒すため伏姫と共に戦った八人の若者が命を落とした。
  悪霊となった玉梓の魂を体に封じた伏姫も自ら胸に刃をつきたてた。
   その瞬間、八つの玉が来世へと飛び散り伏姫は願いを込めた。
    いつかまたあの八人が集う来世があれば私はその時蘇り
     あの者たちの願いを叶えよう。」

教会本部には『影』と共謀者らしきシスター姿の『姫』がいた事に驚きつつ、
シスター=玉梓姫、だとEDキャスト欄でまさかの正体バレ!?
「彼女は私──私は彼女──」
伏姫は玉梓、玉梓は伏姫・・・ということは
伏姫により封印されたはずの玉梓が、
逆に伏姫を封印して玉梓が蘇った事を意味しているのでしょう。
このことは、『影』が荘介になり変わり、荘介が『影』になってしまう事を暗示しているよう。
里見家伝承は以前、莉芳が少しだけ説明していましたが、
それをシスターが改めて独白することで1期最終回らしい締め方に。
1期ラストで『姫』のことを明かす展開は原作よりもこの物語を把握し易くなっていたように感じました。


◆総括◆
『犬』の名字、花柄のアザ、玉を持つ青年8人を集めよう!という物語で、玉探しをせずとも信乃に引き寄せられる形で6名の犬士が見つかった所で1クール目が終了しましたが、角川作品、ディーン製作、そしてヤマサキ監督がシリーズ構成ですので、予想通りの分割2クール制作でホッと一安心です。

見た目は子供、中身も子供、でも時々ハッとするようなオトナな部分を見せる信乃。 そんな信乃を過保護に守るオカンな荘介。 この二人が一緒に添い寝をしたり・膝枕したり・抱きついたり・おんぶしたり・押し倒したり・体の上に乗っかったり…などなど、BLではないにしろブロマンスな関係がBLファンをニヤニヤさせてくれるのと同時に、BLな関係には至らない焦れったさも大変楽しませて貰いました。

他にも、息子を甘えさせるようなオトンな莉芳、キビシイ女王様気質な浜路、浜路をわざと怒らせて愛を感じている風な要、最初こそストイックさで恰好良かったショタコン現八、現八を変態化させない役割の小文吾、女装男子で小文吾を無意識に翻弄させた毛野、可愛らしいペットかと思ったら意外と凶暴で結界破り常習犯の村雨、最初の悪役ぶりは何だったのか今では愛嬌のあるラブリーな五狐ちゃんズ…などなど個性溢れるキャラクターが物語を盛り上げてくれました。 まだ信乃のもとに集合はしていない道節も玉を握っていた描写があったので、2期では信乃と合流をして妹≒浜路との感動の再会が見られることを期待。 道節のエピソードと言えば、黒石ひとみさんの楽曲も素晴らしく透き通るような歌声を堪能させていただきました。

人と人ならざるもの、生と死、置いていく者と置いていかれる者、記憶と忘却、選ぶのか選ばされるのか…などのキーワードと、信乃と荘介、信乃と影、そして荘介と影、が2期ではどのように関係性を持っていくのかにも注目したいところ。

原作もとにかく情報量の多い漫画となっているため、アニメでは時間の関係上かなりカットされてしまったり説明不足な所が多々あって視聴者には少々優しくない部分もありましたが、何はともあれ1期の3ヶ月間、目と耳の保養を含め楽しんで視聴する事が出来ました。 2期では八犬士の残り2名も登場するだろうと期待して夏の放送を待ちたいと思います。

(C)2013 あべ美幸・角川書店/八犬伝プロジェクト

関連記事
コメント
こんばんは。
シスターの存在については、EDでネタバレされてたんですねw
そこまでちゃんと見てませんでした……なんということ。

影が荘介に成り代わる、という暗示が怖いですね……原作見てると不安になってきます。
角川でディーンでヤマサキ監督……予想通りの分割ですねw
このパターンに遭遇して、結局1年間円盤を買うってを何度繰り返したかw

未読者には優しくないですが、既読なので原作で情報を補完しつつ、まあ楽しく見れたかなと思います。
残りの八犬士のキャストが誰になるのか非常に楽しみです。
まずは1クールお疲れ様でした!
>せざきさん
こんばんは〜せざきさん^^
今までのEDでは「姫→勝生真沙子」さんと明記されてた気がしましたが、今回は「玉梓→勝生真沙子」さん、と明記してあったので驚きですー! 原作ではまだこの時点でバレてなかったと思ったのですが・・・私にコミックスの読解力がないだけ!?
既読ゆえに先の展開を知っているので2期はますます荘のことが心配になりますねー! でも影にもたくさん活躍してほしいし・・・葛藤です(´;ω;`)
>結局1年間円盤を買うってを何度繰り返したかw
BDマラソン地獄というやつですねー! お察しします(;゚Д゚i|!) 完走頑張ってくださいー!
2期の新キャラのキャストさまの発表も待ち遠しいですね。 今月か来月あたりのシエルで発表かな〜(*・ω・*)そわそわしますね♪
こちらもこんばんわ( ´ ▽ ` )ノ
>伏姫は玉梓、玉梓は伏姫・・・ということは
伏姫により封印されたはずの玉梓が、
逆に伏姫を封印して玉梓が蘇った事を意味しているのでしょう。
このことは、『影』が荘介になり変わり、荘介が『影』になってしまう事を暗示しているよう。

えっ、えっ、あたしには理解不能(((°Д°;)))
むずかちー(>□<;)
最後、「このシスター誰?つかこの人がラスボスかぁ。意味不明なこと言ってんなぁ」ぐらいにしか思ってなかった(TωT)
2期が始まったらおいおいわかるだろうと信じてる、自分の頭を(=▽=;)

八犬伝はイケメンぞろいでホント目の保養でした(o´ω`o)
話し的には道節さんの話しが好きかも。
雪姫可愛い(≧∇≦)
みんなそれぞれ戦える妖怪持ってたり、もしくは自分が変幻できるから2期は8人で敵とバトったりするのかなぁとか思ったり。
でもそうすると壮介のワンコがかなりの戦力外!?(笑)
最終回の信乃のワンワン泣き、可愛かったぁ。
かっきー、グッジョブ(≧∇≦)

マギに続き2期が待ち遠しいアニメでした(o´ω`o)
最後まで、謎なのがめぐ……今は可愛い(!?)けど、あとあと敵になったりしないよね(=▽=;)
>コジさん
こちらもこんちわんこ~コジたま^^
シスターのCV勝木さんがEDキャスト欄で「玉梓」と表記されてたことから、シスター=玉梓であるのは確定かな~と。 里見家の伝承(←以前も莉芳が信乃に説明してたね)では、玉梓は伏姫の体内に封印されたはず。 なのに玉梓がここにいるのは、玉梓が伏姫の体を乗っ取ったのかなと推測したの~。 玉梓と伏姫は二人で一人、そして荘介と影も二人で一人・・・ってことは、荘介もいつか影に精神を乗っ取られてしまうのかなーと。 10話目だったかな、屋根の上で影がシスター(玉梓)に「俺を拾ってくれて感謝してる」みたいなことを言ってたけど、でも何故に玉梓が影を救ったのかは謎だねー。
謎といえばメグの正体もホント謎(笑) 黒い色をしているから不気味だねー! 白い色をしてふわふわしていたらペット要員になっただろうに♪
 >話し的には道節さんの話しが好きかも。
うんうん!私も1期の中で道節さんのエピソードが一番良かったー! 泣けました(ノД`)・゜・。 雪姫の健気な愛が切なかったので、いつか雪姫の愛が報われて欲しいなと思います。 そして道節さん、2期では信乃のもとに再びやってきてほしいー! 汽車内でアタフタしてた三木眞ボイスを再び聴きたい゜*。(*´Д`)。*°
始めましてー(^^)
初めてコメします。

二週間ほど前にキッズステーションで八犬伝を見てから、気になりアニメを視聴しました!

終始絵が綺麗だったのでよかったです(^^)

13話も蒼さん素敵でしたね♡一々顔を両手で挟むところとがが(笑)

今ぼちぼち原作購入してます♡

>キサラさん
こんにちは~キサラさん、はじめまして^^
おお!キッズステーションで今放送してるんですねー! この作品は原作もアニメもキャラクターの絵がとても美麗ですよねー♪ そうそう、特に蒼が魅力的でちょっぴり(だいぶ?!)Sなところが私のお気に入りです(*´∀`) アニメは2期で終了しましたが、まだまだ原作は続いていますので、今後も美しい彼らを見られる幸せ・・プライスレスe-420
ではでは、ご来訪そしてコメントをありがとうございましたー!














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 


八犬伝-東方八犬異聞- 最終回
里見莉芳(CV:神谷浩史)は、花街での信乃(CV:柿原徹也)の事件を聞きつけた教会本部の賢人たちに呼び付けられて、犬塚信乃を召喚するように命じられてしまいます。 その頃、外出
八犬伝-東方八犬異聞- 第13話(最終回)「宿縁」 感想
賢人会議に出席した莉芳は 不老不死と思われる信乃を召還せよと言われ・・・ 「さて、どうしたものか」と。。 信乃がしばらく古那屋に滞在するってことで 現八は喜びますが、い...
八犬伝-東方八犬異聞- 第13話「宿縁」
賢人会議に出席するため教会本部を訪れていた莉芳 花街で血まみれの子供の死体が見つかったがまだ生存しているという噂を耳にしたがそれは 信乃のことではないのか、おまけに信乃
八犬伝-東方八犬異聞- 第13話(最終回...
まだ始まったばかり--------!!やっぱりなぁと言う事で、2期来ましたね(^^)変則決定したたんだろうなぁというのは、最近のあすかコミックの傾向だし・・・って事で。賢人会議の始...
twitter_dmm_header2_kirishima.jpg twitter_dmm_header2_tsuji.jpg twitter_dmm_header2_fuwa.jpg twitter_dmm_header2_date.jpg twitter_dmm_header2_kanzaki.jpg
RECOMMEND
BL☆RECOMMEND