マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

夜明けのブルース/羽生山へび子 

夜明けのブルース (HANAMARU COMICS PREMIUM)夜明けのブルース (HANAMARU COMICS PREMIUM)
羽生山へび子

白泉社 2012-10-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリ~
フラれてくさりまくった挙句にカツアゲを決行した最低のリーゼント・カッチーだったが、
相手の男から逆に「遊ばせてやるよ」と腕を引っ張られ──!?
トサカの大将と幸薄マスター。
名も無く貧しくかっこよくもない二人がさびれた店で織り成す、
全開バリバリ裏町恋慕情。(コミックス裏表紙より引用)


(C)Habuyama Hebiko 2012

まるで尾●豊『15の夜』の歌詞のような(!?)ヤンキーだったカッチーは
恋人にフラレた腹いせに酔っ払いをカツアゲして憂さ晴らししよう!?
こ の 主 人 公 、 超 ワ ル だ (。-`ω´-)
…と読み始めから主人公の好感度が下がったのも束の間、
カツアゲしようとした相手があまりの具合の悪さで
フラフラ倒れそうになった体をカッチーが受けとめて助けてあげる行動に。
基 本 は イ イ 子 な の か も (*´ω`*)
…とアッサリ主人公の好感度が上がってきました(笑)

「金ないんだろ?遊ばせてやるよ」
カツアゲしようとした相手・バーのマスターから強引に誘われる形となって
バーでバイトするようになったカッチーが
元カレから乱暴されるマスターを助けたことをきっかけに
二人の仲は一進一退しながら進展していくBL物語。
シリアスとコミカルの絶妙なバランスと共に、作品タイトル名や表紙から滲み出ている昭和の匂いがイイムードを醸しています。
(以下、BLネタバレ感想です)



ロクでもない元カレを追い返してくれたカッチーにマスターが思わずキスをしたら
カッチーがその気になってガンガン攻める攻める。
カッチー「いいだろ?もう止まんねーんだ」
マスター「ちょちょっと」
カッチー「大人しくしてろっ あ や してください
  ちょ うごくなゴルァ!!」

マスター「カッチーなんかワルいの出て来てるよ!」
『カタン(郵便受けに新聞が入る音)』
マスター「しんぶん…だな」
カッチー「そ そっか…はは…
  ビビらせやがって…ゲショんぞこのヤロー//∇//」

マスター「やっべ…こいつのペースにのまれるトコだった…
  最近の子はみんなこう?!//゚∀゚//;;」

色事シーンで盛り上がりそうな気配 からの オチ、という
ムフフな期待させておいて落とす展開がまた面白い。

マスターと元カレがバーのオーナーになっているので
これ以上 元カレがマスターに付きまとわないようにするためにカッチーは
「俺がこの店 買い取りゃいーんじゃね?」
無謀な夢、だけどそれは気休めではなくて。
マスターには笑っていて欲しいから、笑顔でいて欲しいから。
だから真剣に、本気で買い取りの約束するカッチー。
ポジなカッチーと一緒なら楽しい時間を過ごせるなら
途方もない夢を見るのも悪くない、信じたい、そうマスターは思った事でしょう。

口元のホクロ+胸元まで開いた白シャツ+黒ズボン+ゲタ+タバコな
マスターの姿がまた色っぽかったり、
バーを買い取るために昼間はカフェのバイトをしてる健気なカッチーの
リーゼントではないサラサラヘアが恰好良かったり、
はたまた、マスターの同級生・川崎っちがバーの救済のため
金銭的援助+それにかこつけてマスターにアプローチしてきたり。
逆にカッチーが別の男と仲良く手を繋いでいる姿を目撃したマスターが心を痛めたり。
うおー!心臓がジリジリするーーー(´;д;`)ブワッ

バーの常連客・マリンさんがカッチーの上半身を剥いだら腹筋が割れていて
マリン「せっかくイイ体してんのに~」
マスター「そんなに?Σ(゚∀゚*)」
カッチー「?(´∀`)?」
マスターちゃっかり気になってるじゃありませんか

二人の心が近付いているのは確かなのに、やはりバーの経営については
経済的にも頭脳的にも大人の川崎っちのほうが断然リードで、カッチーの出る幕なし。
そんなこんなで身を引く決意をしたのかカッチーは
背後からマスターを抱擁して、キスをして、抱擁して、震えながらまたキスをして。
そしてマスターの元を去っていってしまうとは・・・
このシーンすごく泣けた。゜(゜´Д`゜)゜。
切なすぎて胸がキューンと締め付けられます。

なんだかんだでその後はハッピーエンドになってくれて良かった良かった。
二人のイチャイチャシーンでは
カッチーが上目遣いで舐める顔つきが至極コケティッシュだったり、
マスターが舌なめずりしながらカッチーの唇を指でムニムニしていたり、
表情だけでもかなり色気ムンムン。
と思った次の瞬間、
カッチー「すっげ たまんね!!出るかと思った!」
マスター「すっげ でっけぇ!!!大丈夫か俺のケツ?!」
甘いシーンのニヤニヤとコミカルな愉快さが掛け合わされて
幸福感というのかな、満足感を得ることができました。
カッチー&マスターいつまでもお幸せに(*´∀`)

花丸漫画  VOL.6 Dear+ (ディアプラス) 2012年 12月号 [雑誌] 花音 2012年 12月号 [雑誌] MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2012年 12月号 [雑誌]

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する





tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND