マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

緋色の欠片 第二章 #6「偽りの心」 

緋色の欠片 三 [Blu-ray]

「俺たちが今やらなければならないこ事は
 過去を振り返る事じゃない。
 未来を少しでも良くする事だ」

いま一番物事を落ち着いて客観視出来ているのは祐一先輩。
慎司くんの傷、優しく洗ってあげてください。



人 は な ぜ 裏 切 る の か ─── 。
玉依組の慎司くん然り、卓さん然り、
そしてロゴス側のドライもまたそんな気配があったり、
はたまた典薬寮組もキナ臭さも漂わせていたり・・・
まだまだ裏切り人物が増えそうでハラハラする。
また、アリアはアーティファクト(鬼斬丸)の力で
死人を蘇らせたい願望があるのだろうか。
そのような力がもしあれば
卓さんはフィーア似の母親を生き返らせたいと望むのが人間の性だろうに、
それは世の理が許さないでしょうと論する卓さんが大人。
きっと心の中では葛藤があるだろうそんな卓さんの見せない心情が切なくなる。

「贄の儀は滞りなく…」
美鶴ちゃんの瞳の光が消えた(ノД`)・゜・。
鬼斬丸封印のため、ババ様の威圧感によって良心も何もかもを遮断し、
ただ人形のように贄の儀を執行せざるを得ない美鶴ちゃんを見るのが辛い。
この件も、卓さんの裏切りも、
何もかも珠紀が玉依姫として完璧に覚醒しないことには解決しないこと。
早く珠紀には覚醒して欲しいのに未だその覚醒するヒントがなくて悶々する。


『天地が初めて分かれた時、高天原に成り出でた神の名は、
 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)であった。
 …天之御中主神は隠れる際に自ら半身を剣に宿し、それを地に落とした。
 その剣は悪しきものが使えば全てを滅ぼし、
 良きものが使えば今生の世を清浄にすると言われた。
 そして、それは、解放された』

『すまなかった。私は復讐に取りつかれていた。
 あんな剣を私はどうして解放してしまったのだろう』

『それは私がしたこと。貴方の望みを叶えたいと思うあまりに。
 貴方様は悲しみに暮れていらっしゃるのですね、私と同じように。
 貴方様の罪が許されますように、いつか平和が訪れますように、
 私はどうあっても構いませんから』

初代玉依姫による過去の過ち(?)を珠紀に見せて ることにより、
同じ過ちを現世で繰り返してはならないという暗示なのでしょう。


「待っててね拓磨。私が貴方を鬼にはさせない」
拓磨の傍にいたい気持ちを必死に抑えて、今は偽りの心で拓磨を拒絶した珠紀は
監禁されてる部屋から抜け出して何を講じるのでしょう。
まさかソッコーで拓磨に会いに、は行かないよね?


「いつまでもお前を守ってやる。
 お前に降りかかる不幸は全部俺が吹き飛ばしてやる。
 だから安心して笑ってろ」

確かに真弘先輩と一緒にいたらたまに喧嘩もしつつも
ホットドッグがどうたらこうたら言いながらとか(笑)
毎日が楽しく過ごせそうなのが想像できる。
光のプリズムもキレイだったー。

次回『第7話:夢の記憶』
(C)IF・DF/「緋色の欠片」製作委員会

関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND