マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

今夜も眠れない 第1巻/山本小鉄子 

今夜も眠れない (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)今夜も眠れない (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)
山本 小鉄子

幻冬舎 2012-08-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリー~
悪魔と同居!!?
力也の貞操の危機を救ったのは、ラブホで召喚され上級悪魔。
ふたりのちょっと変わった同棲(?)生活が始まる!!

樋口力也は、恋愛対象が男性で18年間ずっと恋人がいない。
大学生となり、出会い系サイトで知り合った男と会うが、
騙されてラブホテルへ連れ込まれてしまう。
危機一髪、救いを求めた力也の前に1人の少年が現れる。
力也はなんと上級悪魔、エンドを召喚してしまったのだ!!
人間界にきたせいで、少年の姿となっエンドは力也の家に住み始め…!?
(コミックス帯および裏表紙より引用)


(C)YAMAMOTO KOTETSUKO,GENTOSHA COMICS 2012

「うわ、サイアク。
 なんでいきなりチン○なんだよ」

人見知りの力也がゲイ友を作ろうと出会い系サイト登録したら
まんまと男に騙されて素人ゲイビ撮影されそうになり、
そんな力也のピンチを救った悪魔少年エンドとの
ホンワカ同棲ファンタジーBL物語。

悪魔という設定、エンドの喋り口調、そしてキャラデザは青エクの彼を連想し、
私の中でエンドCVノブボイスで脳内変換して読んでいます。←勝手な妄想スイマセン。

(以下、BLネタバレ感想です)



なぜラブホに魔法陣があったのかも不思議(笑)ではありますが、
「俺もよォ…何度が喚ばれたことあっけど
 チン○汁で喚ばれたのは初めてだぜ」

魔法陣で召喚する神秘さ+アレの生々しさ=このミスマッチ具合が楽しい。

力也の家に同居することになった悪魔のエンド。(と、カラス姿の執事マルク。)
次第にエンドのブッキラ棒な優しさにキュンとし始めて・・・
一人暮らしのアパート、布団一組しかなく、その布団はエンドが占領。で、
エンド「隣 入ってこいよ」
力也「えっ あっ いっ いいの!?」
エンド「いいよ…(うるせー・・)zzz」
力也の恋が始まった瞬間゚+。*(*´∀`*)*。+゚
しかしエンドはまだ力也を特に意識しておらず。
どうやら作者様あとがきによると、2巻からBL要素が盛り込まれてくるようなので、
早くエンドも力也に恋してもらいたいー!
あわよくば、力也に迫る吾郎(←力也のゲイ友)に対して
ジェラシー&悶々した姿が見てみたいです(ワクワク)

人間界では少年の姿になっているエンドですが悪魔界ではかなりのイケメン青年!?
ちなみにカラス姿の執事マルクも悪魔界では英国執事風な服なので
2人の元の姿が早く見てみたいものです。

「雄とか雌の概念はねぇ。たぢ俺は突っ込む専門だ」
中学生のような容姿(でも実年齢一万十八歳・笑)のエンドは両刀バリタチ!
という訳で・・・
力也はネコ決定\(^ ^)/
エンド×力也・・・モグモグ美味しそうが、でも逆に力也×エンドでも美味しそ()

RuTiLe (ルチル) Vol.49 2012年 09月号 [雑誌] drap(ドラ)2012年 10月号 CIEL Tres Tres (シエル・トレトレ) 2012年 10月号 [雑誌] BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 10月号 [雑誌]

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 


twitter_dmm_header2_kirishima.jpg twitter_dmm_header2_tsuji.jpg twitter_dmm_header2_fuwa.jpg twitter_dmm_header2_date.jpg twitter_dmm_header2_kanzaki.jpg
RECOMMEND
BL☆RECOMMEND