マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

超訳百人一首 うた恋い。 #5「東下り(小野小町)/貫之と喜撰(喜撰法師)」  

超訳百人一首 うた恋い。2 DVD付特装版

「返事キターーー」
 「ヽ( ̄∀ ̄)ノ┏┛」
  「宇宙自重」
   「Σ(=゚ω゚=;)」
    「待て、これは孔明の罠だ」

ニ コ ニ ● 動 画 パ ロ っ て る (笑)





業平のような気高さがなく庶民派な康秀だからこそ(←貶しているわけでなく)
現代パロ演出にそれほど違和感なく見れて、むしろ思わずププッと笑ってしまう。
そんな康秀の肩に業平がちょこんと顔を乗せる愛嬌というか
二人の仲良しっぷりに私のテンションあがった(´ω`*)ホフホフ


「あの時お兄様を受け入れていたなら」
恋に生きる選択を捨てた小町、旬を過ぎてから今さら後悔するなら
どうしてあの時に宗貞と結婚しなかったの(ノД`)・゜・。
・・・と私は宗貞派なので悔いる小町に悶々としてしまうところ。


≪花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせし間に≫
「綺麗な花も咲いたままではいられない。
 グルグル思い悩んでいたら私もあっという間にオバサンになっちゃった」

苦悩する事なく流されて生きてる私なんて、いつの間にかオバハンになっちゃっt(ry
彼女には朽ちる花にように旬を過ぎて歳を重ねることを忌むのではなく
宗貞のためにも、そして自分の為にも誇りを持って生きていってほしい。
自分の存在価値は遺伝子を遺すだけではなく、和歌という強みを持つ小町には
それこそが遺伝子と同じ役割を持つのでしょう。
「私が生きた意味はそこにあったと思っていいのだろうか」
恋よりも仕事を取った人生だからこそ現代で超有名人として名を遺していますよー!
・・・とこの時の小町に言ってあげたいものです。

次回『第6話:うた変。+(プラス)』
(C)杉田圭/メディアファクトリー・和歌恋製作委員会

関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND