マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

薄桜鬼~碧血録 #1(第13話) 「焔の如く」 


初めての洋装で着方を間違えてしまった(ボタンかけ間違え)斎藤さんのデレ顔♪
「一くん、あれはズルイよ」by祥兄。←激しく同意。
そんなこんなで、
スーパー ニヤニヤ タイムの始まり☆
あまりの興奮に、私の心はパッショーネ
 ↓
 ↓

まずは一足先に放送された2期OP。
総司の顔色グッタリすぎて私泣いた(涙)
水面に映るイケメン少年誰ぞ!?と思ったら平ちゃんだった事に驚いたり、
途中ピンク&ブルーカラーの二色シーンで土方さんが千鶴(?)に首筋チューしてるのにニヤニヤしたり、
一ちゃんが頬に血をつけながらアンニュイになってたり、
炎の中の左之さんに惚れ惚れしたり、ちー様はツノ丸出しだったり♪
色々と興奮しすぎて、薄桜鬼熱にうなされております。もしやこれが噂の“薄桜鬼病”か。


2期のアフレコ収録は、1期と間を空けずに収録されたようなので、キャストの皆さんは気持ちが途切れることなく演技ができたとか。『幹部会』という名のキャスト陣の飲み会に参加し隊。
『だぶるあ~る』では力也さんに無理矢理あだ名を”オーシャン”にされたり、
斎藤が寡黙キャラと知った力也さんに「じゃあ楽して金だけ(入ってくる)!?」
と言われて微妙な顔してる鳥さんにフイタ(笑)
1期では祥兄が宣伝担当でしたが、2期では鳥さんが担当なのですね♪
ちなみに(ネタバレ注意)webラジオ『超A&G+』で番宣してた千鶴@法子ちゃん曰く「どんどん人がいなくなって、あの頃は良かったなぁというような感じです」え、それは1期の源さん&山崎のこと?それとも2期で新選組メンバーが1話ごとに死んでいってしまうということ!?

(C)AT-X

第一話の内容は…パッショーネな私の心が落ち着き次第、感想を追記します。(えー)
(追記↓)

舞台は江戸へ。
目の下にクマが出来るほど仕事のしすぎな土方さんを心配し
役に立ちたい!と土下座する千鶴の顎に土方さんが触れるシーンにホクホク♪
それを覗き見してる平ちゃんが可愛いったらありゃしない❤

羅刹化の発作を抑えるのに千鶴の血を欲する山南さんの腹黒化に拍車。
山南さん危険人物になってきてる(((((( ;゚Д゚)))))ヤバイヤバイ

銀の銃弾のせいでなかなか治癒しない総司は、自分が参戦できない事で
「近藤さんの傍にいられなくなる」
総司はどんだけ近藤さん好きなの(*`▽´*)
 妬ける。

そして待望の洋装(゚∀゚)キタキタキタキタ---!
左之さんが着なれない洋装の襟首ボタンに苦しそうな姿に、なぜだろう、萌えました。
でも今回はハジメちゃんのデレ顔に全て持って行かれました感じ♪
番組終了直後、ナビ役の祥兄もそりゃ「一くんあれはズルイよ」って言うのも納得です。


総司の狂喜っぷりにゾクゾクしつつ全体的に悲しい雰囲気ダダ漏れな中、B地区祭りが開催なED(´∀`)
ま、まさか ちー様までB地区祭りに参加されるとは。
そしてED映像ラストは、土方×千鶴kissシーン。やはり土方さんエンドなのですね!?
次回『#2(第14話):蹉跌の回廊』



Anime-TV [ゲスト:鳥海浩輔(2010年9月25日放送分)]…感想記事はコチラ

関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND