マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

flat 第4巻/青桐ナツ 

flat(4) (アヴァルスコミックス)flat(4) (アヴァルスコミックス)
青桐ナツ

マッグガーデン 2010-09-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

~ストーリー~
構えただのなんだの 窮屈なんだよなぁ
平和極まりない毎日を送る超マイペース高校生・平介。
なのに、従弟の超忍耐幼児・秋に超生真面目後輩・海藤と、
なんだか平介とは異質の人間が周りに増えてきて…。
相変わらずで、でもちょっと変わっていく?(コミックス帯・裏表紙より引用)


今回は内容の濃ゆい一冊。←NOT激動。
flatらしいマッタリ~の中、各キャラをいつも以上に掘り下げていっているように感じました。
まずは佐藤くん・・・下の名前が『そう●』
そうた?そうじ?そうすけ? 微妙に気になる!
更に比較的笑顔キャラの彼が今回はゲッソリ・ゲンナリ顔をしていて貴重!
しかも「(虎太郎の)わき わき しめたろか」
キ ョ ウ ケ ン 復 活 !? (*`▽´*)


そして、まさか超忍耐幼児あっくんが・・・「こた きらい」
初 ☆ ブ チ ギ レ Σ(゚∀゚)

(以下、ネタバレ感想です)
 ↓
 ↓

●あっくんvs虎太郎
折角チョークで描いた、あっくんの力作を一瞬で消してしまう虎太郎の配慮のなさというか
無神経なところに流石のあっくんの堪忍袋が切れる!
更には、学際で平介にもらったぬいぐるみを引っ張り合いっこして耳がモゲたり
あっくんが好むものを虎太郎が否定・小馬鹿にするものだから、こじれるのなんの。
しかし、雨が降って地が固まって・・・
仲直りするシーンに思わず感涙。゜(゜´ω`゜)゜。
友情物語、泣かせるじゃありませんか♪
しかし…平介の背中に足蹴りする虎太郎には爆笑させられました(笑)

●長谷さん&海藤くん
友達のいなかった海藤くんが3巻で長谷さん&長谷さんのショートヘアの友人・友子に出会って以降
親交を深めている様子。
しかし平介に振られた長谷さんがまだ平介を想っていることを知り
「不毛ではないだろうか(ズバ)」
K Y な 男 ・ そ れ が 海 藤 く ん ヾ(°∇°*)アワワ
「でも、目が追うの。耳が探すのよ」

一見サバサバしているように見える長谷さんが、
フラレても、それでも愛しい人の顔がみたい・声が聞きたい…
そんな長谷さんの気持ちが露わになっていて切なくなったー!
長谷さん頑張れ応援してるよファイト\(^ ^)/

●平介vs海藤くん
バトル。というか相変わらず海藤くんが一方的につっかかってきているだけですが(笑)
じじセンセに好いようにこき使われ猫捕獲を命じられた海藤くんですが
逃げ回れてなかなか猫を捕獲できず、なのにこの猫は平介やあっくんに懐いている様子に落胆。
更には、“平介より自分の方が上等な人間だと思ってるんだろ”と鈴木くんに指摘される
ハッと息をのむも…
「先輩には愛がたりないんだ(ぐすっ)」
確かに傍から見てても、あっくん・鈴木くん・佐藤くんから愛情を注がれている分だけ
平介が彼らに愛情返ししているようにはとても見えにくいものが。
しかし、一緒にいるだけで・一緒にお菓子を食べるだけで親交が深まる間柄もあるわけで。
そういう部分は海藤くんにはまだ理解できないのかなー。

そんなこんなで『アヴァルス10月号(2010年9月15日発売)』に続くわけですが
海藤くんに言われた”愛不足”というのがなかなか平介の心に波紋を起こしている感じ。
しかし平介が“愛”を知ったらどういうことになるのだろう。続きが楽しみです♪

flat・第3巻…感想記事はコチラ

COMIC avarus (コミック アヴァルス) 2010年 10月号 [雑誌]flat (1) (BLADE COMICS) flat 2 (BLADE COMICS) flat(3) (BLADE COMICS)

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する





tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND