マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 

劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラッククオリア(ガンダムOO盤)(期間生産限定盤)
見終えた直後の私と旦那、
・・・ ・・・ ・・・ ?!(ぽかーん)
(以下、ネタバレ感想です)
 ↓
 ↓

悪役だと思っていた純血種イノベイターの新キャラ、デカルト・シャーマンは、
中盤で早々にご退場Σ( ̄ロ ̄lll)?!
悪役ではなく、ただちょっと反抗期な青年という印象で、かませ犬にもなれずに散ってしまった感があり
新キャラとして登場したわりに存在感はあまり濃くなかったかなと。


新キャラといえば、ミーナ@くぎゅが良い存在感を。このミーナの事を
ソバカスがなくなったネーナかと思ってたヽ(・∀・)ノ
(鑑賞後、旦那とガンダム談義するまで↑こう思ってた・笑)
このミーナがビリーにまっしぐらに愛を迫る迫る♪そんなこんなでビリーはミーナに堕ち、
「 優 し く シ テ ク ダ サ イ 」
ビリーなすがまま`;:゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!ww



不死身のコーラサワーも流石に不死身ではいられない状況に陥るものの
意地でも不死身の称号に食らいつき、やっぱり“不死身オチ”(笑)
キスはオアズケされてしまいましたが、なんだかんだで大佐とラブラブなのですね。
そしてパジャマ姿には笑わせてもらいました。

結局、攻撃的な異星体と分かりあう為に刹那が行ったのは異星体との融合?!
ということで率直な感想として・・・微妙でした。
戦闘シーンはとても見応えがありドキドキ&ハラハラした展開でしたが
結末があまりに・・・(゚∀゚)??
更にエンドロール後のシーンにも・・・ヾ(°∇°*)?!
マリナ姫はヒロインという位置づけだった?というのがどうも釈然としない。
フェルトの報われない恋には同情してしまうものがあり(どうやら私も旦那もフェルト派だったらしい)
だからといって刹那×フェルト、というのも何となく違う気もしますが。

手のひらサイズ(肩乗せサイズ?)なティエリアの姿には微笑ましさを感じたり
アレハレは、好戦的台詞(ハレルヤ)のすぐ直後の融和的台詞(アレルヤ)に思わずウフフとなったり
ロックオンと共に乗ってるハロが2つになってたり♪
そして刹那は・・・寡黙になって一人で考え込むようになってしまったようですが(しかも独白もない状態)
イノベイターというニュータイプならではの戸惑い・刹那の心情が
もう少し描いている部分があれば良かったかなと。

(C)創通・サンライズ・毎日放送

『来るべき対話』をテーマに、人類vsもの言わぬ異星体とのバトルが繰り広げられた内容ですが
全てイオリア・シュヘンベルクの手の上で転がされているだけの様な印象。
しかし、スピード感のある戦闘シーンにはドキドキ・ハラハラさせられ、2時間があっという間でした。
監督曰く、予定90分の映画にするハズが130分(40分オーバー)となってしまい
結局10分間カットして120分の映画として完成したとか。カットした10分間、気になります^^
気になるといえば・・・
おっきー&ゆっちーがちょい役で出演してるのに驚いた!
遊佐浩二さん・置鮎龍太郎さんの声を聴いた時点で
「重要なキャラなのかも」と思ってしまいましたが、期待に反して ちょい役でした。勿体ない~!

※ちなみに…ゆん先生、ラブレス執筆もお願いします(´ω`。)

機動戦士ガンダム00画集―INNOVATION―機動戦士ガンダム00 in those days (角川コミックス・エース 293-1)ガンダムOO(ダブルオー)エース 2010年 10月号 [雑誌]ボイスアニメージュ 2010AUTUMN(ロマンアルバム) [大型本]
関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND