マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

魍魎の匣 #12 「脳髄の事」 


「この車は外観だけのウスラトンカチだ~
 あっはっはっはっは~」

榎さんだけが楽しそうな車中。
まるでジェットコースターだ(笑)
 ↓
 ↓

「この馬鹿!いい加減にしろ!」
木場修の暴走寸前に間に合った一行。
木場修の暴走もそうですが、榎さんの暴走ドライバーっぷりも問題のような(以下略)


「今晩は。私は全ての物語に終わりをもたらす、殺し屋です」
黒衣の男@京極夏彦先生ご登場。とっても渋いお声でいらっしゃる!
今回はハコ館にて京極堂による事件の種明かしの回。うんちくも交じっていたので
一度の視聴では判りにくく何度か視聴。美馬坂と陽子が父子関係という驚きから始まり、
・加菜子を駅ホームで突き落とした犯人は頼子
・加菜子は柴田の子ではなく遺産相続権利はなかった
・加菜子誘拐事件は陽子による狂言
などなど衝撃的な事柄ばかりで私の理解する能力がなかなかついていかない(汗;)  しかし一番驚いたのが、加菜子の体の壊れた部分は捨てられハコ館にある機械が臓器代わりになっている事。そして意識を司る脳髄のみが加菜子の本体として残された部分のようですが…それは何処!?


「関口くん、さっきからずっと久保は此処に居るんだ。
 いや、此処は久保の中なんだよ」

関口の眼鏡に写ってるモノが怖eee!!!

美馬坂の下に久保竣公がいる…という京極堂ですが、もしや加菜子と同じように脳髄オンリー??


次回・最終回『第13話:魍魎の匣、あるいは人の事』
謎だらけで難解に絡み合った事件の数々がようやく解決するのですね。


【参照リンク】
http://kokorotekuteku.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-06f7.html
関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND