マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
・当ブログは リンクフリーです。
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

TYTANIA-タイタニア- #5 「憧れと、誇りと」 


だいず(ダイサク&だいちゅう)コンビだー☆
しかもようやく!ようやく!主役ジュスラン@岸尾だいすけさんいっぱい喋ってくれました。
 ↓
 ↓

新キャラのエルウィン@水島大宙さんはかなりカッコイイ素敵キャラ♪
ですが幼馴染みである大公妃ラティーシャへの秘めた想いが何とも切なかったです。


ジュスランは女好き!?
いえいえ、女性に甘いらしい。ちょっと微妙にプチショックを受けました。(なんで)


「闘うばかりが物事を解決する術ではない」
という流血を好まず主義のジュスランでしたがテュランジア公国との話し合い交渉は決裂。
絶対イドリス達からここぞとばかりに批難轟々に遭う可能性大


「見えるよ、ウラニボルグが見えるよラティーシャ…」
ジュスランを崇拝するがために反乱軍からジュスランを守ったラティーシャは自害。そして
エルウィンまでグッバイだなんて(泣)
素敵キャラだっただけに今回限りでサヨナラしてしまうのはヒジョーに勿体ない人物。ケルベロスでのタイタニア敗戦により もたらされた対タイタニア勢力に巻き込まれることになった切ない悲劇。ジュスランがもっと上手く和平交渉していればこんなことにはならなかったのに…というジュスランに対する不満も若干感じてしまいますが、対タイタニア勢力側に話し合いの余地など全くなかったから致し方なかったのかもしれない。


アジュマーンの甥・バルアミー@保志総一朗さんご登場!
…かと思ったら声のご出演はオアズケでしたいけずな~


次回『第6話:シラクサ星域会戦』 名誉挽回アリアバート頑張れ。


********************

そして衛星アニメ劇場では、今回スクランブルエッグ異形オムレツ(!?)を食べさせられていたファン・ヒューリック役を演じる小西克幸さんのインタビュー出演あり。
放送前の雑誌等にも記載されていた事ですが、
コニタンは本当にザーリッシュ@武虎さんが大好きなんだなーと(笑)
インタビューでは武虎さんのことを「武さん」「虎さん」と言っていたり、雑誌では
「武虎くん=タケトニア(武トニア)」という愛称を広めたい等と言ってましたのでw

関連記事




tokireslive2018augtsuji.jpg



RECOMMEND








BL☆RECOMMEND