マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

のらりくらりなアニメ・マンガ雑記。
現在の閲覧者数:
 
 
最新の記事
カテゴリー
月別・過去ログ
コメント
トラックバック
ブログ内検索
お気に入り☆リンク

プロフィール

フル☆マルコ

Author:フル☆マルコ
・マンガ・アニメ・BL・声優好き。
mixi 現在更新停滞中。
・当ブログは リンクフリーです。
I.E.9.0 FireFox16.0.2
GoogleChrome22 safari5.1
  文字サイズ”中”でご覧いただけることを確認しております



≪画像等の表示・使用について≫
当ブログでは感想の補助として著作物の一部を引用しております(著作権法第32条1)。また各関係社からの警告には早急に従い、これに対処するように致します。

ツイート

Sponsored Links

裸足でバラを踏め #1 / 上田倫子 

裸足でバラを踏め 1 (1) (マーガレットコミックス)裸足でバラを踏め 1 (1) (マーガレットコミックス)
上田 倫子

集英社 2008-04-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


~ストーリー~
北村純(きたむら すみ)は、超貧乏生活を送りながらも、
幼い弟妹たちの世話をするのがいきがい。
ある日、兄の借金返済のため身を売ろうとする純は、
芦田蒼一郎に偽装結婚を持ちかけられて…。
(第1巻・裏表紙より引用)



帯に記された謳い文句は『金のために愛を捨てろ!!』

やっぱり上田先生は巧い!
一言で言うとシンデレラストーリーなのですが
それを巧く料理し乙女心をググッと惹きつけてくれるのが
上田先生の素晴らしいところ。
…あれ、今わたし何気に自分のこと乙女って言ってしまった(汗;)
(以下、ネタバレ感想です)
 ↓
 ↓

時代は明治25年の横浜。
主人公・純(すみ)の兄は、”いつか事業を始める時の労働力(金のなる木)”
と言っては捨て子ばかり拾ってきて純に面倒を看させ
しかも自分はバクチ大好き借金王のというバカ兄貴っぷり。
そんな兄の借金のせいで身売りしなければならなくなった純の前に現れ
手を差し伸べて(?)くれたのが超金持ちの蒼一郎だが…
「オレはお前の人生を買ったんだ、お前をオレの妻にする。
 金ならいくらでもやる…
 ただし、オレはお前を愛さない。
 お前もオレを愛してはならない。
 金の為に愛を捨てられるか?」

バカ兄貴が拾ってきた血の繋がらない弟妹たちとはいえ
その子たちを救うため純は蒼一郎との偽装結婚を契約することに。

********************

1話目からキュンキュン心を掴まれました!
超貧乏な主人公が超金持ちに拾われるものの
お金のために愛のない結婚生活を強いられることになる…
と一見シリアス風ではありますが、
純のオチャメさが話を重々しくさせず読みやすいところ。

2話目では早速二人の結婚式が待ち受けており、
誓いのキスの場面で、純は蒼一郎の頬を平手打ち☆
そんな純に蒼一郎は「借金が返せなくなるぞ」だの
「言うことを聞かなかったら海に沈めるぞ」だの
お金に物を言わせて脅す脅す^^;
↑脅されて怖いシーンなのに純の反応が可愛くて笑えますw

蒼一郎「見ているだけで虫酸が走る!」
純 「むしず!?…って何のこと?」

貧乏臭い純にイライラして怒っている蒼一郎とは対照的に
純のオトボケ具合がイイ塩梅です(笑)

そして初夜…
ネグリジェ姿の純をお姫様抱っこしてベッドに運んだ蒼一郎は
純のネグリジェの胸元をひっぱって・・・
♥━━ヾ(●゚v゚)人(゚v゚○)ノ━━♥
ネグリジェの後ろ前が逆だったことを注意しただけでした…(><|||)oh~
結婚生活に愛情は必要ないはずだから二人が合体する必要もない!?
コミックス帯(裏)
かと思っていたら、
翌日いきなり蒼一郎から純にキッス
しかもディープですよ、ちょとー・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・わおっ

どうやら蒼一郎と純が愛し合っている夫婦に見えるよう
客人の前でふるまわなくてはならないようで。
「純、頼むぞ」という蒼一郎の顔はいつも純に向ける怒った顔とは違い、
頼りなげな不安そうな顔で。
くううう、いつも見せない弱い表情というのは萌えるポイントです、はいv
しかし『蒼一郎を愛してはいけない』けれど
『蒼一郎を愛しているよう振舞う』というのは
なかなか15歳の純に難しいことを注文してくれますね。
今後二人とも愛し合っちゃう展開になるのだろうと期待していますが
愛のない二人がお互いどう愛を募らせていくのか、
また、純が憧れる人・伊集院望は蒼一郎の友人であり
望を含めた三角関係にも発展していきそうな気配もあるので
そちらも楽しみです♪

脇役である執事の駒井がまたイイキャラしてます。
「読み書きのできない純さまのレディ修業が…
 フッ…この駒井源五郎!
 逆境であればある程、燃えるのですよ!(負けませーん)」

長髪で燕尾服を着ており普通にしていたらイケメンなのに
言動は3枚目すぎて面白ろ可笑しすぎますwww


余白ページにはこの作品のタイトルネーミングが
どうやって決められたのかが上田先生が語っており、
その決め方に(というか上田先生の語り方が)かなり笑えますw
しかし作品タイトルの候補にあった『ア明治んグ浪漫譚』…
これにならなくて本当に良かったと思います(⌒_⌒; タラタラ


月のしっぽ 第15巻・感想記事はコチラ
月のしっぽ 第14巻・感想記事はコチラ
月のしっぽ 第13巻・感想記事はコチラ
月のしっぽ 第12巻・感想記事はコチラ
月のしっぽ 第11巻・感想記事はコチラ
月のしっぽ 第10巻・感想記事はコチラ

月のしっぽ (11) (マーガレットコミックス (4065)) 月の吐息愛の傷 (マーガレットコミックス) リョウ  8 (集英社文庫(コミック版)) ホーム (1) (マーガレットコミックス (3259))
関連記事
コメント
こんにちはv
わ。上田先生の新シリーズが発売になってたんですね!

フル☆マルコさんのレビュー読んでいたら、にやにやしてしまいました。面白そう♪
早速、買いに走ります。

女性はいつまでも心は乙女ですよねv(と自分に言い聞かせる)
>水瀬 涼さまへ♪
いらっしゃいませ~水瀬さん^^
そうなんですー!うえりん先生の新刊発売、楽しみにしてました♪
コミックス発売を待ちきれなくて、昨年からマーガレット本誌を立ち読みしておりました(笑)

上田先生の作品は、ドキドキだけじゃなくて
ちょっとエチーなムフフ☆展開もちゃんと盛り込ませて
巧く読者の心を掴んでくれちゃうのでヤミツキになっております^^
そうですよね、女性はいくつになっても乙女v-238でイイんですよね♪
なんていったって、私は(井上喜久子さん同様)永遠の17歳ですから(おいおいw)

記事を読んでもらいニヤニヤしていただけたようで良かった!しかもご購入も!!
ドキドキ&ムフフ☆気分が伝えられてとっても嬉しいです~♪















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 




RECOMMEND
BL☆RECOMMEND